障害年金とは?

日本も年金問題のことが取り上げられるようになって久しいですが、年金というと厚生年金や国民年金のことばかりが頭に浮かぶと思います。しかし世の中で年金というものはそれだけではありません。障害年金というものもあります。障害年金というのはケガや病気などのゆえに障害を抱えている方が受給できる年金の制度です。こうした障害を抱えて生きる方々の中には仕事や、ひどい場合には日常生活を送るだけでも支障がある場合が少なくないからです。

スケジュール想像に難くないと思いますが、こうした障害の程度や生活状況というのは個々でかなり違ってきますので、障害年金の申請と受理、給付までに関係する要素は非常に複雑です。それもそのはずで障害年金の対象となる傷病は非常に多いので、なんでもかんでも障害年金の申請ができるような状態になってしまうと困るので、審査に関してはどうしても複雑で時間のかかるものとなってしまいます。

呼吸器系の障害から嗅覚、血圧、神経系統の障害など多岐に渡りますが、神経症と人格障害だけは原則対象外となっています。ただし神経症と人格障害の場合も精神病の病態を示している場合は対象となります。このようにどんな病気や状態が対象になるかという段階ですでに複雑な様相を呈していますので、実際に申請してから受理され、認定されるまでには非常に多くのプロセスが必要になるわけです。では実施に障害年金が受給できるとなったらどれくらいの額を受給することができるのでしょうか

参考情報⇒障害年金