障害年金の問題点

車椅子障害厚生年金と障害基礎年金では審査する機関が違ってきます。厚生年金のほうは日本年金機構本部がおこなっていますが、障害基礎年金のほうに関しては各都道府県の年金機構事務センターが処理しています。そうなってくると都道府県によって審査基準が微妙に違ってきてしまうのではないかと疑問の声を投げかける人たちもいます。確かに各都道府県で支給、不支給の割合を調べていくと地域によってかなり差が出ていることがわかってきました。不支給率が高い都道府県を調べていくと目に見える怪我などの障害ではなく、精神障害や知的障害に関しての障害年金請求に関して不支給と判断している傾向が強いということもわかってきました。

いずれにしてもこうした都道府県によって差があるという点は地域格差だとして問題となっています。今後審査体制が一元化されるという働きもあるようですが、それがこうした地域格差の解消につながるかどうか今のところは定かではありません。障害年金が受け取れるかどうかは当人の人生に大きな影響を及ぼすことですので、公平な支給体制が整うことが望まれています。なにかと複雑な仕組みの障害年金ですが、確かに苦労して申請するだけの価値があるものなのです。